タマヌオイル | 実績

TAMANU SEED OILパッケージデザイン

 

沖縄でモリンガと植物系雑貨を取り扱う「アワーペース」さんが取り扱う新商品『タマヌオイル』。商品の顔とも言えるラベルのデザインを制作しました。タマヌオイルは「テリハボク」という木の種子を精製したオイル。テリハボクの花が特徴的で、モチーフに提案したところ、採用されました。

 

 

タマヌオイルは、ポリネシアや東南アジアでは伝統的に使用されてきたオイルで、『皮膚のあらゆる疾患に効果的』といわれていたそうです。強い紫外線から肌を保護したり、鎮痛、抗炎症や切り傷、やけどなど、痛みを伴う疾患にも幅広く利用されてきています。ニキビ跡やひび割れ、乾燥肌の方は保湿オイルとして活用されるそうです。みなさんが使っている、他のオイルと一緒に使うこともオススメだそうです。1930年代から、タマヌオイルの治療薬としての研究も進んでいるそうです。

オーガニックで未精製の本品は、南インド産。深い青緑色で独特の土のような香りがします。テクスチャーは重いですが、肌への浸透は早く、ストレッチマーク(妊娠線)やセルライト(脂肪でひび割れた肌)の修復にも良いとされています。


ご興味のある方はこちらから購入できます。
https://ourpace.ti-da.net/e11334942.html


沖縄のデザイン事務所・monobox株式会社に「仕事を依頼したい」と、思った方はコチラ!