plants喫茶gleenmamaオリジナルカレンダー | 実績

沖縄県うるま市・天願にあるカフェ「plants喫茶gleenmama」オリジナルカレンダーの制作を担当しました。2019年で4年目となります。gleenmamaは名前に「plants喫茶」とあるように多肉植物がたくさんあるカフェです。オーナーの平良さんがさまざまな植物を月ごとにアレンジしながらイメージを写真におさめて、カレンダーにしたものです。また、沖縄では旧暦とそれに伴う旧暦行事を今も生活のなかで大事にされており、当初から「旧暦と旧暦行事を入れたい」というリクエストで依頼を受けました。

当初、カレンダーのフォーマットはネット印刷などのテンプレートを使用するというお話しでしたが、平良さんが用意されているイメージに合ったカレンダーの玉組(日付けなどの情報が書かれている部分)のテンプレートがなかなか見当たらなかったため(テンプレートのデザインがゴツゴツしてるのが多かったです)、玉組もオリジナルフォーマットで制作することにしました。gleenmamaのイメージ写真の世界感を壊さずに、見やすくわかりやすいフォントとレイアウトを心がけてデザインしました。カレンダーに予定などを書き込めるように、ボールペンなどインクの乗りやすい紙質を選んでいます。

最初の年はA5サイズで制作し、完売になったそうです。お客様のリクエストから「目が悪いからもっとサイズが大きかったら良い」「カレンダーに予定を書き込みたい」というお声を反映して翌年よりA4サイズにて制作となりました。そこから「翌月のミニカレンダーがあったらいい」「六曜(大安とか仏滅とかのやつです)も入れて欲しい」といったお客様からのリクエストを聞きながら年々少しずつ進化をさせています。部数も少しずつ増えていて、しかも毎年完売!されているようで、平良さんの影響力の大きさに毎年脱帽しております。

そして、greenmamaオリジナルカレンダーの大きな役割として、売上の一部をうるま市で活動するボランティア団体「多様性を応援する親の会ふろしき」へ寄付されています。寄付されたお金は講演会や勉強会などで活用されるようです。gleenmamaオーナーの平良さんは「カレンダーの制作/販売の活動をする事で『多様性の子供を応援する親の会』がの繋がりがもっと広がり、情報を共有し、楽しみながら子育てが出来るママがどんどん増えると幸いです」という思いを胸に、毎年カレンダーを制作されています。平良さんの活動を少しでもサポートできればと考え今後も制作できればと考えています。

沖縄のデザイン事務所 monobox.jp


この投稿に関連するお仕事カテゴリー


「monoboxに仕事を依頼したい」と、思った方はコチラ!