暮らしに添える、おきなわ @新宿伊勢丹 | 実績

蜃気楼プロジェクト第二弾、3月6日よりスタートする伊勢丹新宿「日本の手しごと〜受け継がれるべきものたち〜」の沖縄のコーナー『暮らしに添える、おきなわ』をプロデュースしています。今回は、琉球藍織物、漆器、琉球ガラスの3組の作品を展示販売。また、WEB掲載用の画像撮影、告知用DMの撮影・デザイン、コピーライティングを担当しました。DMは、いつもと違う紙を使用してみました。

ガラス工房てとてと、の琉球ガラス「うみいろシリーズ」
花藍舎のストール。テーブルウェアのほか、ファブリック、衣類なども販売します。
木漆器のぬりトン。器やカトラリー、アクセサリーも販売します。

「暮らしに添える、おきなわ」日本の手仕事 ~受け継がれるべきものたち~

琉球藍を糸から染めて織られた布たち。沖縄で育った木を使い、丁寧に作られた木漆器。リサイクルで生み出される琉球ガラス。日々の生活におきなわを添えて、南国で育まれた質感を楽しめば、暮らしの中に新しい風がきっと吹いてくるはず。

【参加作家】

花藍舎/藍織物、ぬりトン/木漆器、てとてと/琉球ガラス

【会期】3 月6日(水)~12日(火)

【会場】伊勢丹新宿店本館5階=センターパーク/ザ・ステージ#5

【時間】10時30分〜20時

この投稿に関連するお仕事カテゴリー


「monoboxに仕事を依頼したい」と、思った方はコチラ!