沖縄県うるま市のデザイン事務monobox株式会社です

□はじまして

はじめまして。私たちは、沖縄県うるま市のデザイン事務所monobox(モノボックス)です。2011年にうるま市に移転して地域のデザインを中心に制作をおこなっています。また、地域の情報を発信するフリーペーパーを作ったり、沖縄の観光情報を発信するために取材や執筆もしています。デザインについては、お客様の創りたいモノを一緒に相談しながら、印刷納品まで請け負っています。

 

□私たちにできること

(具体的になにが出来るかはコチラへ)

□プロフィール

河野哲昌

art director,designer

1973年生まれ。東京で制作会社・出版社・デザイン事務所・編集プロダクション・印刷会社を経て、2010年monobox株式会社を設立。グラフィック・エディトリアルデザインを中心にデザイン制作を行う。また、取材時には撮影を担当。

□沿革

2010年 monobox株式会社設立

2011年 沖縄県うるま市安慶名へ移転

2012年 沖縄CLIP・フォトライターとして参加

2013年 うるま市観光物産協会理事に就任(河野こずえ)

2013年 日本フリーペーパー2013大賞

 コンテンツクオリティ部門優秀賞(「みちくさうるま」)

2014年 同市石川へ移転

2014年 日本フリーペーパー2014大賞

    レジャー・観光コンテンツ部門優秀賞(「これもうるま」)

2014年 Galleryはらいそオープン

2015年 厚生労働省「実践型地域雇用創造事業」に

 成功事例として紹介(「津堅にんじんロール」)

2015年 フードアクション・ニッポン・アワード2015にて

 審査員特別賞受賞(「津堅にんじんサイダー」)

2015年 日本フリーペーパー2015大賞観光部門優秀賞

 (「みちくさうるま工藝紀行」)

2017年 新潟伊勢丹百貨店「めんそ〜れ大沖縄展」に

 Galleryはらいそとして参加

2017年 うるま市観光物産協会理事に再任(河野こずえ)

2017年 ポスターデザインを担当するうるま市観光物産協会主催の「イチハナリアートプロジェクト+3」が「ジャパンツーリズムアワード」の地域部門賞受賞

2017年 ポスター、レシピ集、ポップを担当するうるま市漁協組合の「島魚の干物」が「沖縄県商工連合会が主催の「商工会特産品コンテスト」にて審査員特別賞受賞

 

topへ戻る

□主な取引先

沖縄県産業物産公社、国立病院機構琉球病院、うるま市、うるま市観光物産協会、一般社団法人プロモーションうるま、うるま市商工会、浦添市観光協会、久米島高等学校、一般財団法人沖縄県環境科学センター、沖縄セルラー、沖縄ファミリーマート、琉球インタラクティブ、アドスタッフ博報堂、主婦の友社、スターツ出版、エイ出版、エディターズ、ネイティブ株式会社、ネットイヤーグループ株式会社、株式会社ベイス・オブ・スポーツ、光文堂コミュニケーションズ、丸正印刷株式会社、株式会社食のかけはしカンパニー、農業生産法人萌芽、榮料理店、PORTRIVER MARKET、アルビレオ、Plants喫茶greenmama、Pasta cafe のりーちぇ、プティ・フール、ヒナタカフェ、ホテルハーバー、陶房土火人、花藍舎、風工房、機織工房しよん、喜納農場、もずくの竜宮城、U'i Ohana、きさかたPIZZA、三共電機株式会社、(有)クリーンアイランド、オリジナルパターンSION、沖縄セルラーアグリ&マルシェ(株)、うるま市石川漁協共同組合、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、三越伊勢丹ホールディングス、D&DEPARTMENT TOKYO、D&DEPARTMENT OKINAWA、WindyEarth SILENT CLUB 他

 

topへ戻る

河野こずえ

writer,

Galleryはらいそオーナー

1975年生まれ。地域情報の取材・執筆、フリーペーパーの編集、沖縄観光情報webマガジンの情報発信などを主に手がける。また、うるま市内で制作活動を行う工藝作家の作品を展示販売する「Galleryはらいそ」を運営。

topへ戻る

© 2017 monobox Co.,Ltd.

沖縄県うるま市のデザイン事務monobox株式会社です